サッカー情報まとめ速報

最新のフットボール関連のニュースまとめ

【海外の反応】「もう笑い事ではない」スペインで苦しむ井手口の現状を嘆くリーズサポーター






   

【海外の反応】「もう笑い事ではない」スペインで苦しむ井手口の現状を嘆くリーズサポーター【海外の反応】「もう笑い事ではない」スペインで苦しむ井手口の現状を嘆くリーズサポーター

今年1月にガンバ大阪からイングランド2部のリーズ・ユナイテッドに入団。すぐさまスペイン2部のクルトゥラル・レオネサレンタル移籍した井手口陽介が、地元メディアに初めてその思いの丈を語った。全国紙『MARCA』のインタビュー取材に応じたのだ。

加入から約1か月半が経過し、チームは6試合を消化したが、井手口の先発は前半のみで退いた2月18日のラージョ・バジェカーノ戦だけだ。それ以外は途中出場が4試合で、2月24日のアルメニア戦は出番なしに終わっている。
 
 記事のタイトルは「レオネサのクラブ史上もっともエキゾチックな契約を交わしたイデグチ」。そのなかで井手口はまず、「ボールポゼッションの戦術とポジショニングの対応が一番難しい」とプレー面での苦労を明かし、さらに、昼食を午後2時ごろに、夕食を午後9~10時の間に取るというスペインの食文化に「一番驚いた」と語っている。

 それでも、「少しずつクラブに適応しているし、特に街には順応している。練習終わりには散歩もしている」のだという。心強く感じているのは、同じ関西出身の兄貴分で日本代表の僚友、エイバルの乾貴士だ。「電話でよく連絡を取り合うし、お互いを訪ねることもある」と言い、スペイン生活3年目の先輩の存在がひとつの拠り所となっている。

 周囲とのコミュニケーションも改善傾向にある。「チームのみんなが向こうから話しかけてくれるようになって、僕もチームの一員なんだと感じさせてくれるのが嬉しい。感謝しています」とコメント。乾のサポートもあり、孤独で辛かった時期は乗り越えたようである。

 現在、レオネサは降格プレーオフ圏内の19位に低迷している。現在はレギュラークラスの域を脱していない井手口だが、リーグ終盤の熾烈な残留争いのなかで、持ち前の鋼のメンタリティーが必要される時はやってくるだろう。シーズン終了後にリーズへ戻るが、スペインの地に確かな足跡を刻んでおきたいところだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180303-00036410-sdigestw-socc

サッカースペイン2部リーグでクルトゥラル・レオネサ井手口陽介は11日、アウェーのヒホン戦でベンチ入りしなかった。チームは0-4で敗れた。

http://www.sanspo.com/soccer/news/20180312/spa18031209140004-n1.html
Yosuke_Ideguchi,_la_perla_japonesa_bajo_la_nieve_de_León

twitterから海外の反応をまとめました

・俺が覚えている中でも最も無意味で非合理的なレンタル移籍だわ

・日本代表の合宿に参加しているのかと思っていたよ

・おかしいな、彼はワールドカップで活躍すると言われているのに

サッカー好きは必見!スマホでポチポチするだけで即金を得る最新の手法を無料公開!

 - サッカー情報まとめ