サッカー情報まとめ速報

最新のフットボール関連のニュースまとめ

<MF南野拓実(ザルツブルク)>狙うはトップ下“香川超え” 「真司くんをマネするわけじゃない」






   

<MF南野拓実(ザルツブルク)>狙うはトップ下“香川超え” 「真司くんをマネするわけじゃない」<MF南野拓実(ザルツブルク)>狙うはトップ下“香川超え” 「真司くんをマネするわけじゃない」

1 名前:Egg ★:2018/10/16(火) 01:14:22.78 ID:CAP_USER9.net

パナマ戦でトップ下に入り2試合連続弾の南野、ポジションを争う香川について言及

https://amd.c.yimg.jp/amd/20181015-00141514-soccermzw-000-1-view.jpg

 日本代表は16日の国際親善試合でFIFAランキング5位の強豪ウルグアイを埼玉スタジアムで迎え撃つ。ここまで2試合連続ゴールの活躍を見せ、新エース候補に名乗りを上げているMF南野拓実(ザルツブルク)が、ロシア・ワールドカップ(W杯)でトップ下に君臨したMF香川真司(ドルトムント)に言及。ポジションを争うなか、自分のプレーに対する矜持を口にした。

 9月のコスタリカ戦(3-0)で、森保一体制の第一号となるゴールを決めた南野は、続く12日のパナマ戦でも1ゴールをマーク。MF伊東純也(柏レイソル)と同様、新体制で2試合連続ゴールと強烈なインパクトを残している。

 パナマ戦ではFW大迫勇也(ブレーメン)が最前線に入り、南野は時に2トップのような形を見せながらもトップ下でプレー。MF青山敏弘(サンフレッチェ広島)からの縦パスを受けると、鋭いターンで中央を突破し、鮮やかに先制ゴールを叩き込んだ。

「満足していない。チームメイトに信頼してもらえるように、結果だけじゃなく、チームを助けるプレーをやっていきたい」

 結果に貪欲なアタッカーは2試合連続ゴールもどこ吹く風で、「サバイバルのなかで勝ち残っていきたい気持ちがある」と熾烈な競争に危機感を強めている。トップ下と言えば、ロシアW杯で10番を背負い、コロンビア戦で1ゴールを決める活躍を見せた香川の存在を外せないだろう。香川は9月と10月シリーズで未招集となっているが、森保監督はいずれ招集に踏み切るはず。その際に、ライバルの一人となるのが南野だ。

南野が“前を向くプレー”にこだわる理由とは? 香川との類似性と両者を比べる評価ポイント

「僕は新顔の選手ですし、まずは思いきりプレーしようと。考えすぎると自分の良さが消えてしまう」と強調した南野。ポジション争いにおいて香川は脅威となるが、南野は秘めたプライドを垣間見せている。

「真司くんのプレーをそのままマネするわけじゃない」

 それは強がりでもなければ、変にかしこまったわけでもない。南野はあくまで自身のプレーを追求し、ストロングポイントを最大限に発揮することだけに集中しているという。「常にアクションを起こして自分の周りのスペースを活性化させたい」と語っており、なかでも“前を向くプレー”にこだわりを見せる。その理由は明白だ。

「監督も、顔を出して、前を向くプレーをチームのためにできる選手を必要としていると思う。そういうところは自分の長所でもあるので、そのために呼ばれているところもある。自分の特長をしっかり生かしたい」

 森保監督が招集している理由を熟考し、「そのために呼ばれている」と自覚している南野は「動きながらボールを受けるのは常に意識している」と明かす。身長174センチと決して大柄ではないため、相手を上回る敏捷性がカギとなる。その点は175センチの香川と似た状況で、狭い局面でいかに脅威を与えるプレーができるか。守備の貢献といった要素もあるとはいえ、当面は両者を比べるうえで、そこが評価ポイントと言えるだろう。

つづく

10/15(月) 20:55 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181015-00141514-soccermzw-socc

2 名前:Egg ★:2018/10/16(火) 01:14:29.07 ID:CAP_USER9.net

ウイークポイントを自覚、だからこそ「アクションを常に起こし続けないといけない」

 南野自身も「体が大きくないので、ボールを止まった状態で受けると難しい」とウイークポイントを自覚している。だからこそ「アクションを常に起こし続けないといけない」という点を繰り返し強調した。

 2戦連続ゴールに満足していないという南野は、大迫と細部を話し合いながら連係向上に努めている。「今日の練習中もそうですけど、細かいところでは、例えばフリック、守備の行き方、縦パスが入った時の関係性のところ」と修正ポイントを口にした。

 また「ガクくん(柴崎)、航くん(遠藤)もそうですけど、縦パスをしっかり入れる選手なので、そういうタイミングで自分はフリーになっていないといけない」と動きの質も課題に挙げている。

 進化を続ける23歳のアタッカーは、日本代表の次代を担う存在として大きな期待を背負っている。FWやサイドでもプレーできるのは大きな強みだが、トップ下でプレーする限り、香川との争いは避けて通れない。長年、日本代表をけん引してきた香川を超えられるのか。これから二人の争いは熾烈を極めそうだ。

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539620062

続きを読む

サッカー好きは必見!スマホでポチポチするだけで即金を得る最新の手法を無料公開!

 - サッカー情報まとめ