サッカー情報まとめ速報

最新のフットボール関連のニュースまとめ

香川真司、リオ五輪OA候補に挙がらず…意外な低評価。かねて指摘される環境の変化に弱いという点もリストから遠ざかった理由






   

香川真司、リオ五輪OA候補に挙がらず…意外な低評価。かねて指摘される環境の変化に弱いという点もリストから遠ざかった理由香川真司、リオ五輪OA候補に挙がらず…意外な低評価。かねて指摘される環境の変化に弱いという点もリストから遠ざかった理由

1: 名無しさん 2016/06/27(月) 08:48:04.97 ID:CAP_USER9
日本サッカー協会は23日、リオデジャネイロ五輪に出場するU―23日本代表のオーバーエージ(OA)枠でFW興梠慎三(29=浦和)が内定したと発表した。すでに内定済みのDF藤春広輝(27=G大阪)とDF塩谷司(27=広島)と合わせた3人が出揃った。紆余曲折を経てようやく決まったOA選考だが、その舞台裏では、A代表の10番を背負うMF香川真司(27=ドルトムント)が意外な低評価を受けていたという。 

 ついに最後のOA選手が発表された。当初もくろんだA代表の主力ではなく、国内組の3人を選んだ手倉森誠監督(48)は、興梠について「しなやかさとタフさがあり、間違いなく五輪でチームの攻撃のバリエーションを増やせる選手。日本のために輝いてほしい」とコメントした。 

 これまでOA選手に関しては数々のA代表イレブンの名前が浮上したものの、サッカー界からは10番を背負う香川の待望論はほとんど聞こえてこなかった。実際、手倉森監督が最初に選択したOAは日本代表FW岡崎慎司(30=レスター)、同FW本田圭佑(30=ACミラン)、同DF長友佑都(29=インテル)の3人だった。 

 なぜ日本のエースはリオ五輪候補に挙がらなかったのか。五輪1次リーグ最初の2戦(ナイジェリア戦=8月4日、コロンビア戦=同7日)は、最も過酷な環境となるアマゾンのマナウスで開催される。このために手倉森監督はOA選考について、実力以上に「タフさが求められる」と繰り返し語っていた。 

 特に香川にとって五輪開催国は因縁の場所。2014年ブラジルW杯では、実力を発揮できず、先発落ちの屈辱も味わった。時差と長距離移動を伴うシーズン中のA代表戦では、思うようなパフォーマンスを見せられないことも目立つ。かねて指摘される環境の変化に弱いという点もリストから遠ざかった理由だ。 

 加えて戦術的な理由も要因という。あるJ1クラブの元日本代表は「手倉森監督が、トップ下を置かない布陣を選んだときには(同ポジションを本職とする)香川は使いづらい。かといって彼を招集できたとして、ベンチに置くのも勇気がいる。仮に呼べたとしても、呼ばなくてもいいのでは」と指摘していた。 

 つまりトップ下以外のポジションで起用しにくい選手を、わずか18人しか選べない五輪メンバーに入れる“メリット”がないというわけだ。五輪指揮官も「本気でメダルを狙うためのメンバーを選ぶ」と話すように、同じ見解を持ったのは間違いない。クラブ事情を別にしても当初から“構想外”だったと言える。 

 もちろんA代表で10番を背負う香川に実力がないわけではないが、タフさの欠落は克服すべき課題。9月から始まるロシアW杯アジア最終予選では過酷な戦いが続くだけに、五輪リストから漏れた理由を肝に銘じて、A代表を引っ張るプレーを披露してもらいたいものだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160624-00000028-tospoweb-socc
no title


続きを読む

サッカー好きは必見!スマホでポチポチするだけで即金を得る最新の手法を無料公開!

 - サッカー情報まとめ